不動産の仕事の情報


過去の情報一覧

仲介を行う不動産会社の仕事とは

不動産の業界と一口にいっても、実にさまざまな業種があります。このなかでも、いちばんお世話になったことがある人が多いのは、賃貸マンションやアパートの仲介ではないでしょうか。このお仕事の特徴は不動産会社が、賃貸の部屋を探している人に対して、賃貸の部屋に空室ができたら紹介して入居の契約、引渡しまでをするというものです。ここでは仲介手数料を得ることを目的に、入居の斡旋を委託された賃貸の紹介をするのです。たくさんある物件の中から、その方に最も合う物件を紹介するために希望などをよく聞き出す能力が必要とされます。

仲介の不動産業に向いている人は

賃貸マンションをお客様に紹介するこの仕事は、不動産業界を目指す人のなかでも、「聞き上手」な方に向いているといわれています。カウンターごしにヒアリングし、セールスをする業務が中心となっています。お客様にぴったりな物件を探していく仕事ですので、「単に営業の仕事がしたい!」というよりも、「その人に最も適したご提案をしたい!」という思いが強い、サービス精神がおおせいな方が向いているでしょう。単に営業するというと、ある物件を「借りて!」と押すというイメージですが、仲介をメインとする不動産会社では「あなたに合うものを探してきました!」というセールスをします。

新着情報

2012-09-21 トップページが追加されました。
2012-09-21 不動産の仲介の営業が追加されました。
2012-09-21 不動産の管理の委託が追加されました。
2012-09-21 管理する不動産からが追加されました。
2016-01-23 新築がおすすめが更新されました。